TANZAWA T-SHIRT #3「Tシャツあげます。」

あけましておめでとうございます!

2020年を迎え、僕の厄年は終わりました。

思えば色々大変な事がありました。

えー、例えばですね。

 

とか言ってみたけど、本当は厄年と知ったのは最近でありまして。色々あったとか全然気にもしていないし、なんならいちお大変だった事を振り返ってみたけど厄年っぽいものは何も思い出せなかった。絶対なにかしらあるハズなんだけど、厄年っぽい大変だったことは既に都合よく解釈して、なかったことになっているかもしれないし、あるいは辛すぎて脳が思い出さないように忘れさせているか。脳はそんな便利なことも出来るっていう話ですからね。まあ本当に嫌なことって思い出したくもないから良いんだけど、無意識という場所に記憶されるよりは自分でコントロールしたほうがいいよね。あー、でも人間に辛いことを忘れたりする機能がなかったら、小さい嫌なことの積み重ねだけで頭おかしくなっちゃうから人間には必要な機能ってことか。

 

あ、そんなことより僕の状況を気に掛けてくれている方に対してTシャツの話の続きを報告しておきたいのです。

 

ここ最近の忘年会や同窓会も含め、人に会った時やSNSだったり。色んな人が僕の色んなことを気に掛けてくれていた。え、この人もこのホームページ見てくれてたんだ!?て感じの意外な人だっていた。嬉しいなー。そして優しいなーと思った。2019年は、のんびりのんびり進めていこうと、沢山の人と知り合って良く食べて良く飲んで良く遊んだくせに、ほとんどSNSやこのホームページにも発信しないという最低な奴だったけど、2020年は重要なことは発信していこうと思う。

気に掛けてくれる人が楽しんで見れるような行動をとって発信するってのも良いんだろうけど、個人的にはやはり一緒に遊びたい。色んな人がいて色んな環境があるから関わり方や遊び方は人それぞれだと思うんだけど、色んな場所や機会を作って一人でも多くの人が参加出来て一緒に遊べる環境を作ろうと思う。そうすると何が良いかって、基本的に僕みたいな自分のことばかり好き勝手やってきた人間を受け入れてくれる人ってのはみんな優しいし、他人を肯定する能力を持ち合わせている。ようするに僕の周りの人はみんな心が優しい。だから、その人たちを繋げたらなんだか良い感じになるとしか思えない。関わる人たち全員が幸せな環境になるんじゃないかと。ひとまずやってみないとわからないので、出来ることから少しづつやってみようと思っている。

僕の予想を言っておくと、優しい人たちが集まると心が動くような出来事があちらこちらで頻繁に発生する。どんな内容かに限らず心が動くというのは素晴らしい事で、心が動きやすい状態でやりたい事を見つけたら割となんでも出来てしまう。一人で出来なくても優しい人達は助けてくれる。みんなでやりたい事が出来る環境になる。その時に何が出来るかはわからないけど、僕はみんなが楽しければそれでいい。その時は僕もそこにいて楽しくやってるってことだろうから。

 

と、またもや話が脱線致しましたが。

以前お伝えした通り、50枚の丹沢Tシャツの予約はありがたいことに即受付終了。

そして現在、まだ届けられていない丹沢Tシャツは手元に11枚。ごめんなさい。

これは、1月中に何としてでも全部届けますね。

それから、

 

 

インスタにも載せてるけど、ここにも少し載せておきます。

↑一番初めに届けに行ったのがここ "西丹沢ビジターセンター"。

左から、KinTouNのガイド健一くん、ビジターセンターの沢田さん、館長の杉本さん、森林の研究をしている遠藤さん、今年トレラン喫茶をopen予定の管さん。皆さん僕とは桁違いの山の人です。こんな大先輩たちに一番初めに届けられて本当に嬉しい。

 

 

↑中学の同級生や幼馴染も貰ってくれました。みなちゃん、まりちゃん、ともちゃん。一人Tシャツじゃなくてタバコ持ってるのは気のせいだよね!?(笑) 気のせいだね、そうだよね。どうやら最近はエコな活動もしてるようだし今年はみんなで山に行こう。みんなグルメだから美味しい丹沢の恵みをいただくこととエコ活動のセットがおすすめ。楽しみ。

 

 

↑我らが大山にある茶屋 "さくらや" の和子さん。いや、カオナシ。今話題のルーメソと共に撮影してからTシャツを貰ってくれました。どんどん新しい仕掛けを作って周りの人たちとの交流を広げていく姿勢はまさに僕が見習うべき姿でしょう。この時に貰ったルーメソキーホルダーは最近、山用のお守りになっています。大山に登りたい人は是非一緒に登って、帰りは "さくらや" で一服しましょう。

 

↑高校の同級生も貰ってくれました。日高くんと、さおりちゃん。このポーズはなんだろう?と思ったけど、なんだか楽しそうなのでそこには触れませんでした(笑)二人とも海に山にアウトドアを満喫していてとても素晴らしいです。日高くんときたら最近はドラムも叩くという万能っぷり。遊びでもなんでも色んなことに挑戦するってのはやっぱり良いなーと思う。

 

↑丹沢自然保護協会の理事長、中村さん。この方と話して学べることは沢山あった。山のことはもちろんだけど、人に対しての考え方が凄かった。山のことを話していても中村さんの人間性は溢れていた。ちゃんと人の心をみている。嘘をついても絶対バレるタイプだ(笑)僕は中村さんの人間性に惚れて丹沢自然保護協会の会員になった。また中村さんと話せるときが楽しみ。

 

 

↑丹沢湖の湖畔にあるレストラン "丹沢レストハウス" の相田さんも貰ってくれた。

土日だけ忙しい店を手伝いに来ているという息子さんは、本業がコンサルなのもあってか、とても気さくな人で、どんな話にも対応して貰える。そして店に伺うとニコニコと優しく迎えてくれるお母さん。奥の厨房には料理を作る怖そうなお父さんの姿も見えたが、出てきてビックリ、お母さんと息子さんに勝るほどの優しいお父さんだった(笑)客が途切れた時を見計らって写真撮影とお話をさせて貰った。ここでは2月までイノシシが食べれる。行きたい人は是非ご一緒しましょう。

 

 

 

この他にもTシャツを貰ってくれた沢山の人がいるんだけど、今回はこの辺で。

1月中にはTシャツを全部届けて、寄付先も決めて、寄付するところまでやります。

またここで報告します!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事