TANZAWA T-SHIRT #2「Tシャツあげます。」

Tシャツ作りました。

 

本当はね、

自分が着るためのTシャツを作ろうとしていた。そしたら、Tシャツが出来たら売ってなんて言ってくれる人が何人か出てきたわけです。僕はTシャツ屋さんになりたいわけじゃなかったので、そういうことなら作ったTシャツを販売して、その売り上げの一部を丹沢に寄付しようと決めた。そしてそのTシャツの一部は丹沢に寄付していますよ!っていう証として、Tシャツの肩にロゴを入れることにした。ありがたいことにそのロゴはマリオ君というデザイナーが作ってくれた。このロゴを持って色んな服のプロの人達にTシャツの作り方の相談をしてみた。

そしたらね。あのイタリアの元サッカー選手"ヴィエリとマルディーニ"のアイデアで誕生したブランド「 SWEET YEARS 」が、Tシャツ50枚を提供してくれるという形で協力してくれたのです。凄く嬉しい。 話を聞いてくれたギタリストでもあるカークさん、トラック作成までやるラッパーのそうちゃん、ありがとう!

 

手元にはTシャツ50枚とロゴのデータ。こんな流れから、この50枚のTシャツをどんな使い方するか、すんげーー考えた。そして、今回のこのTシャツはTANZAWAのロゴだけ胸にデッカく入れて、丹沢が好きな人にあげることにした。そうすればこのロゴを少しでも誰かが知ってくれるだろう。だからTANZAWAのロゴを自分のお金でTシャツにプリントしようと。そしたらね、この一連の流れを聞いてくれた人達から協力としてお金をいただいたのです。要するにプリントをしてくれる人が現れたのです。本当にありがとう!

 

そこで僕は思った。

僕自身は何もしていないじゃないか、、と。

 

だから僕は、このTシャツ50枚を欲しい人に直接会って配って、1枚あげるごとに自腹で500円を丹沢に寄付することにします。

 

「 500円×50人=25000円 」

 

50枚全部を誰かにあげたら25000円を丹沢に寄付することになるけど、こんな少しの金額で何が出来るんだろう?とは思う。でも正直、今の僕の人間力では自分で寄付しようと思ったらこんなに払えません。25000円あればおそらく自分のことに使っているだろうし、今まではそうやって生きてきた。だけど、もしこうやって色んな人と関わりながら寄付出来たらなんだか幸せなんじゃないかなーと思ったわけです。だからやってみることにします。同時進行で丹沢のボランティア活動とか、自然保護の活動とかしている団体とか調べて、参加なりなんなりして、どこに寄付するか決めようと思います。寄付ってお金が何に使われてるのか良くわからなくて嫌だったりするから、、、まあ信用しなさいって話なのかもしれないけども、調べます。

 

Tシャツをあげるにあたっての条件

  1. 直接会って渡すこと。
  2. 証拠写真を撮ること。(顔は隠しても問題ない)
  3. 丹沢が好きなこと。

 

以上です。

 

このロゴは僕が丹沢に貢献しようと思ってTシャツを販売して売り上げの一部を丹沢に寄付しようと考えて、マリオ君というデザイナーに作って貰った。このロゴを何処かに入れたTシャツなどを今少しずつ作っています。また出来たら報告したいと思います。

 

Tシャツ貰ってくれる方がいましたら是非。

Lサイズ40枚、Mサイズ10枚あります。

何かしらでの連絡お待ちしています。

 

 

172cm/64kg    -Lサイズ着用-

「よろしく。」

おすすめの記事